若き駐在妻の悩み in GUAM

あー、そんなに若くもなかったです。

結局、グアムに行くのにESTAは必要なの?必要ないの?

 

レッツゴー常夏の島グアム!

そんな心躍る旅に必要なのはパスポート。

それから、グアム入国に必要なビザのあれこれ。

私もビザ取得のためにいろいろと勉強し、やっと理解ができるようになったので、個人的にまとめました。

 

f:id:guamnow:20170131150230j:plain

 

 ※2017年1月現在の情報です。出入国に関する書類の書式等は予告なく変更になる場合があります。

※あくまで個人的にまとめた情報ですので、間違っていたり不足している情報がある場合があります。

※アメリカ合衆国による指定国の二重国籍保有者、同国渡航歴のある方、逮捕歴のある方、18歳未満の方の単独渡航、入国拒否歴がある方などはこのブログに記した限りではありません。

 

ビザとは?

 この人はグアム(ここではグアムとします)に入国する資格のある人だよ、ということを証明する書類のことです。

入国を許可するか拒否するかを決める人を入国審査官といい、グアム国際空港から外に出るにはこの人達のOKをもらわないといけません。

ビザを保有していようが、過去に何回もグアムに来たことがあろうが、入国審査官からNGを出された場合グアムには入国できません(ビザ保有者で入国拒否されるケースはめったにないようですが)。

パスポートとは違うものです。

 

ビザを取得するには?

 学生ビザ、就労ビザ、外交官ビザなどいろいろな種類のビザがあります。

アメリカ大使館または領事館等に行き、私はこれこれこういう理由でグアムに行きたいので〇〇ビザをください。とお願いすることになります。

私タリアはビザを保有しています。ここら辺の話はまた機会があれば。

 

グアムに観光に行くんだけど、大使館にビザを取得しに行かなきゃいけないの?

観光目的であり、滞在期間が短期間ならビザ取得の必要はありません

そのかわり、ビザ免除プログラムの適用を受けるため、出入国書類にあれこれ記入し、グアム国際空港に到着後、その書類とパスポートを入国審査館へ提出する必要があります。

 

ビザ免除プログラムって?

あなたが日本国籍であり観光や乗り継ぎなどが目的でグアムに短期滞在するのであれば、わざわざアメリカ大使館に行ってビザを取得しなくてもいいですよ~。でも簡単な質問には答えてね。質問は紙に書いてあるから、正直に記入してね。っていう入国審査を簡単にするためのシステムです。

アメリカ合衆国は、あなたたち日本人のことを信頼していますよ!まさか滞在中に犯罪を犯したり不法就労しないよね??ね???っていう信頼の基に成り立っています。

 

グアム入国のために受けることができるビザ免除プログラムは2種類あります。

①米国ビザ免除プログラム(VWP)

②グアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)

ややこしいので名前は覚えなくてOKです。

 

繰り返しになりますが、どちらのビザ免除プログラムを受けるにも、以下↓の条件を満たしていることが必須です。

・日本国籍
・有効なICチップ搭載のパスポートを保有している
・往復又はグアムから第三国への航空券、もしくは乗船券を所持している
・観光、短期商用、通過目的

 

「往復又はグアムから第三国への航空券、もしくは乗船券を所持している」ここ少し注意。「帰る日は決めてない~帰りのチケットはグアムについてから買う~」では、入国できません(おそらく飛行機に搭乗もできません)。

 

 

私はどっちなの?どう違うの?何を記入するの?

 滞在期間によって受けるプログラムが変わるので、まず滞在期間をチェック。

 

f:id:guamnow:20170130163451p:plain

グアムへの入国|グアム政府観光

 

あなたが45日以内のグアム滞在の予定であれば、飛行機の中で配られる書類3枚にいろいろ記入するだけでOKです(機内だけでなく、航空会社のチェックインカウンターやグアム国際空港の入国審査エリアでもこの書類は入手できます)。

グアム行の飛行機に乗る前にインターネットで何かを申請したり、お金を払ったり、大使館に行く必要はありません。

黒か青のボールペン、滞在先の住所が分かるものを準備して機内に持ち込んでおきましょう。

パスポートの他に入国審査官に提出する書類は、I-94、I-736、税関検疫申告書の3枚です。

下の表でいうと、ESTA申請者(グアム空港職員風に言うと「ESTAジャナイ(人)」)に該当します。

f:id:guamnow:20170131130227j:image

グアムへの入国|グアム政府観光局

 

46日以上90日以内のグアム滞在であれば、飛行機に乗る前にESTA(エスタ)と呼ばれる電子渡航認証システムへの申請が必です。

申請後は、下記↓の表でいう、ESTA申請者(グアム空港職員風に言うと「ESTAノヒト」)に該当します。

入国審査官へ税関検疫申告書の提出が必要です。

f:id:guamnow:20170131130237j:image

グアムへの入国|グアム政府観光局

 
ESTAについてもう少し詳しく

グアム政府観光局ページ→旅の基本情報→グアムへの入国→ビザの免除について

とたどっていくと公式のESTA申請サイトに行くことができます。

申請料$14をクレジットカードで支払う必要があります。

早ければ1分で申請されますが、何らかの理由で拒否された場合アメリカ大使館までいかなければいけない場合もありますので、旅行の日程が決まり次第すぐに申請しましょう。基本的には渡航の72時間前に申請すればOK、という方が多いようです。

ESTAは一度承認されると2年間有効ですので、グアム渡航の前2年以内にアメリカ本土(ハワイ含む)に行ったことがある!そのときESTA申請した!という方は改めて申請しなくても大丈夫です。が、申請した内容に変更があったりパスポートの期限が切れると再度申請する必要があります。

 

まとめ

・グアムに観光旅行に行く場合、ほとんどの方はビザ、ESTAの申請は必要ありません。滞在期間を確認しましょう。

 

・ESTAを取得するには、事前にインターネットの申請フォームに情報を記入する手間と$14がかかります。

 

・ESTAを取得しておくと、行きの機内で記入する書類の枚数が減ります。

 

・「ESTAの人」と「ESTAじゃない人」では、入国審査の時に並ぶレーンが違います

職員のオバチャンが「ESTAのヒト~コッチ~、ESTAじゃないヒトハ~アッチ~」と振り分けてくれますので、それに従いましょう。

 

・ESTAを取得しておくと、グアム国際空港での入国審査がスムーズにいく場合が多いです。つまり、空港から早く出られます。ただし、飛行機の着陸が混雑していたり、他の到着便と被った場合は「ESTAの人」のほうが時間がかかる場合も多々あります。

 

・ビザ免除プログラムの適用を受けても、最終判断者である入国審査官に入国を拒否された場合グアムへの入国はできません。

 

 

参考資料

グアムへの入国|グアム政府観光局

グアム政府観光局のHPです。何かに困ったらここを参考に。

 

JAL - 海外 各国出入国書類の書き方:グアム (JAL旅プラスなび)

機内で記入する出入国書類の書き方を説明してくれています。不安な方は事前に予習しましょう。

 

在日米大使館と領事館

ビザのあれこれ。大使館での面接体験談はまた機会があれば。